見る・遊ぶ

秋田で北海道在住の人形作家が作品展-希望ある表情にこだわり

宮竹眞澄さんの作品「担ぎやさん」

宮竹眞澄さんの作品「担ぎやさん」

  •  
  •  

 北海道在住の人形作家・宮竹眞澄さんの作品展「心のふる里人形展」が3月12日~18日、アトリオン(秋田市中通2)で開かれる。

宮竹眞澄さんの作品「いい湯だな」

 大分県宇佐市出身で1991年から北海道東川町在住の宮竹さん。宮竹さんが幼いころに見た風景や人々の暮らしぶりなどをテーマに、「前向きで希望を感じさせる人々の表現」にこだわりながら人形制作を続け、2008年から夫の博信さんと国内を回りながら開く人形展は45回目を数える。

[広告]

 秋田で初めて開く同展では、約60作品・178点の展示を予定する。「故郷の九州や北海道、東北などでイメージした温かく元気がでるような顔の人形作品展。ご覧いただいた皆さんに心の筋肉をほぐしてもらえればうれしい」と宮竹さん。

 開催時間は9時30分~17時(最終日は13時まで)。入場料は500円。

  • はてなブックマークに追加