買う 暮らす・働く

「秋田フォーラス」が「OPA」へ 駅前整備事業の進展に合わせ

JR秋田駅前のファッションビル「秋田フォーラス」

JR秋田駅前のファッションビル「秋田フォーラス」

  •  
  •  

 すぐる不動産(秋田市泉南1)と施設運営会社「OPA(オーパ)」(東京都台東区)は11月2日、JR秋田駅前のファッションビル「秋田フォーラス」(千秋久保田町)の営業を2017年2月に終了し、同10月下旬に「OPA」としてリニューアルすると発表した。

JR秋田駅前

 1974(昭和49)年5月に「ジャスコ秋田店」として開業し、1987(昭和62)年12月から「秋田フォーラス」として営業を続けてきたが、駅前地区整備事業の進展に合わせて大規模リニューアルを決めた。

[広告]

 両社は「郊外にはない高感度ファッションを集積し、秋田県全域から来店いただけるような県内一番のファッションビルを目指す」としている。

 「OPA」は、イオングループ内のファッションビル事業の再編に伴い3月、「ビブレ」「フォーラス」と組織統合。都市型ファッションディベロッパーとして3つの屋号を合わせ、全国で21店を展開する。

  • はてなブックマークに追加