3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ピザ店と喫茶店が「グラニータフロート」 秋田市民市場内店舗が連携

夏季向けに連携メニューを提供するピザ店店主の大関真吾さん(左)と喫茶店店主の太田忠幸さん(右)

夏季向けに連携メニューを提供するピザ店店主の大関真吾さん(左)と喫茶店店主の太田忠幸さん(右)

  •  
  •  

 秋田市民市場(秋田市中通4)内で営業するナポリピザ専門店「ゼッキーニ・ピッツァ・バンカレッラ」と喫茶店「どるず珈琲(コーヒー)」が連携し、6月11日、夏季向けメニューの提供を始めた。

ピザ店と喫茶店が連携して提供する「グラニータフロート」

 レモンやコーヒーなどをシャーベット状にしたイタリア・シチリア地方発祥の氷菓「グラニータ」。市場内青果店で仕入れたパイナップルなどのフルーツを使いピザ店が作るグラニータに、喫茶店がソフトクリームをトッピングし、「グラニータフロート」として提供する。

[広告]

 「ピザ窯により暑い店内の当店でピザを楽しんでいただいた後は、ソフトクリームを載せたグラニータで涼んでもらえれば」とピザ店店主の大関真吾さん。

 喫茶店店主の太田忠幸さんは「新型コロナウイルスの影響により客足が途絶えて気持ちが沈んだ期間もあった。これからは、市場内の店舗で協力し合いながら、お客さまと一緒に楽しめることに取り組んでいくことができれば」と話す。

 価格は、グラニータ(330円)、トッピングのソフトクリーム(150円)。

 今後は、スイカなど旬の果物を使うメニューをラインアップに加える予定。営業時間は11時~15時。水曜定休。