学ぶ・知る

秋田美大が展覧会の企画案募集 制作費など支給

秋田公立美術大学ギャラリー「BIYONG POINT(ビヨンポイント)」に展示された現代美術作品

秋田公立美術大学ギャラリー「BIYONG POINT(ビヨンポイント)」に展示された現代美術作品

  •  
  •  

 秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)は現在、ギャラリー「BIYONG POINT(ビヨンポイント)」(八橋南1)で開く展覧会の企画案を募集している。

 大学の研究や教育成果の発信拠点として秋田ケーブルテレビ社屋内に設けられ、昨年から同大学の社会連携事業を担うNPO法人「アーツセンターあきた」(新屋大川町)が運営する同ギャラリー。

[広告]

 空間全体が白く覆われた「ホワイトキューブ」と呼ばれるギャラリーを使う展覧会の企画案を募集する。作品ジャンルは問わないが、会期中にトークイベントやワークショップなどの関連企画を行うことなどが条件。

 3月中旬に開催予定の公開審査会で、「新規性」「チャレンジ性」「継続性」「地域性」などを基準に1~2件を採用する。同大学教授らが審査員を務める。

 採用者には、制作費や運営費などの経費を支給する。提出書類の様式はホームページからダウンロードできる。締め切りは1月31日。問い合わせは、同NPO(TEL 018-888-8137)まで。

  • はてなブックマークに追加