学ぶ・知る

秋田美大の複合芸術プログラム成果発表会、準備進む オンライン配信も

秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)の複合芸術プログラムでディレクターを務めるジュリア・カセムさんからアドバイスを受ける受講生

秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)の複合芸術プログラムでディレクターを務めるジュリア・カセムさんからアドバイスを受ける受講生

  • 38

  •  

 秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)の受講生公募型プログラムの成果発表会が1月14日、秋田市文化創造館(千秋明徳町)で開かれる。

生活文化財収集家・油谷滿夫さんの話を聞く受講生

[広告]

 同大学大学院複合芸術科が「AKIBI複合芸術ピクニック 秋田/京都」と題し、秋田市と京都府京丹後市を拠点に夏期と冬期に分けて展開する地域考プログラム。秋田や京都・東京・山形など7都府県の受講生10人のうち9人が、1月8日から秋田市内に滞在して取り組む。

 秋田市在住の生活文化財収集家・油谷滿夫(みちお)さんら専門家4人から、「モノが語る世界」「日本の伝統文化とジェンダー」「デジタル・アーカイブ」「8ミリフィルムの収集・保存」などをテーマに講義を受けたり、油谷さんのコレクション展示施設を訪れたりした受講生は、油谷さんが収集した民具などの古道具をリサーチ。道具から得られた情報に現代美術の視点を加え、デザイン的プロセスを経て作り上げた「物語」を成果物として発表する。

 現在、同プログラムでディレクターを務める京都工芸繊維大学(京都市)の特命教授ジュリア・カセムさんや秋田公立美術大学大学院の教授でアーティストの岩井成昭さん、同教授で建築家の岸健太さんらのアドバイスを受けるなどしながら、同施設を会場に成果物の発表準備を進める。

 開催時間は13時~16時(展示は18時まで)。入場無料。

 オンライン配信も行う。アドレスなどはホームページに掲載する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース