食べる

秋田でベニズワイガニ原料の即席麺 男鹿の4社が特産を活かし

原料にベニズワイガニを使うインスタントラーメンを販売する鼎庵トピコ店(秋田市中通7)スタッフの皆川真穂さん

原料にベニズワイガニを使うインスタントラーメンを販売する鼎庵トピコ店(秋田市中通7)スタッフの皆川真穂さん

  • 5

  •  

 男鹿市産のベニズワイガニを原料に使うインスタントラーメン「紅ずわいがにらぁめん」が12月2日、米菓匠鼎庵(ていあん)トピコ店(秋田市中通7、TEL 018-838-1801)で発売された。

男鹿産ベニズワイガニを原料に使うインスタントラーメン

[広告]

 男鹿水産(男鹿市)が水揚げするベニズワイガニを粉末にして麺に練り込んだ乾麺に、味噌ベースのスープを合わせる同商品(389円)。同店を営業する「鼎家(かなえや)」(同)が2年ほど前に企画し、製麺会社「八郎めん」(同)、土産品の企画販売などを手掛ける「男鹿なび」(同)の4社が共同開発した。

 鼎家で同商品を担当する齋藤真奈さんは「当地特産のベニズワイガニを使う観光土産として開発を進めた。コロナ禍のため機会をうかがいながら、発売にこぎつけることができた」とし、「県内の道の駅などに販路を広げる予定。ベニズワイガニの風味を家庭で味わってもらえれば」と話す。

 営業時間は9時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース