天気予報

14

9

みん経トピックス

秋田のホテルで「茶道体験」秋田で「カンボジア」トーク

秋田のコーヒー豆専門店が25周年 コーヒーの多様な楽しみ広める

秋田のコーヒー豆専門店が25周年 コーヒーの多様な楽しみ広める

25周年を迎えるコーヒー豆専門店「アラジン珈琲」店主の大島靖さん

写真を拡大 地図を拡大

 秋田市の自家焙煎(ばいせん)コーヒー豆専門店「アラジン珈琲」(秋田市川元山下町、TEL 018-863-7333)が4月22日、開業25周年を迎える。

自家焙煎コーヒー豆が並ぶ「アラジン珈琲」山王店の店内

 市内在住の大島潤二さんが1993年に開業した同店。1996年には「泉店」(泉北2)も開業し、現在、長男の靖さんが代表を務める。

 焙煎機を備える約16坪の店内に並ぶコーヒー豆は、開業当初から販売する同店オリジナルブレンド「アラジン」(100グラム=500円前後)や「季節に合わせた味わいを追求する」という月替わりブレンド、ストレート(同=600円~1,000円前後)など約30種。近年、世界的に注目を集める「ゲイシャ」(同=2,000円前後)などの商品も扱う。

 「コーヒーの多様な楽しみを地元で紹介したい」と2016年11月、エチオピア大使を招いたイベントを市内で開くなどコーヒー文化の普及活動にも取り組む靖さん。「近年は、原産国だけではなく、農園や区画などによる差別化のほか、品種や製法も細分化され、流通するコーヒー豆の品質は全体に向上している。『スペシャリティー』などの言葉が広がる以前から、扱う豆の品質と自家焙煎にこだわってきた当店のコーヒーを皆さんに楽しんでもらえれば」と話す。

 営業時間は10時~19時(泉店は18時まで)。定休日は、山王店=日曜、泉店=月曜。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング