秋田で祭りテーマのデザインTシャツ展-飛び出す3D竿燈デザインも

図柄が立体的に浮かび上がって見える「飛び出す」TシャツなどユニークなデザインTシャツ5点を展示する「仲小路発 秋田の新お土産project VOL.1 - お祭りT」展

図柄が立体的に浮かび上がって見える「飛び出す」TシャツなどユニークなデザインTシャツ5点を展示する「仲小路発 秋田の新お土産project VOL.1 - お祭りT」展

  •  

 秋田の祭りがモチーフのデザインTシャツ展「仲小路発 秋田の新お土産project VOL.1 - お祭りT」が現在、仲小路ビル・地下ギャラリー(秋田市中通2)で開かれている。

秋田市の竿燈まつりを3D技術でデザインした「飛び出す」Tシャツ

 「地元発のデザインで商品開発をしよう」と、秋田市のクリエーター集団「Mag(マグ)」が初めて企画した同展。秋田市の「竿燈(かんとう)まつり」や男鹿市の「なまはげ」などをモチーフに、同グループメンバー5組がデザインしたTシャツ5点を展示する。

[広告]

 赤色と青色のセロファンを使ったメガネで見ることで図柄が立体的に浮かび上がる3DデザインTシャツを出展したCG制作会社経営の伊藤茂之さんは「秋田の夏祭り竿燈の躍動感を3D技術で表現した。Tシャツを着ている本人は見ることができないのが難点(笑)」と話す。

 「地元の夏祭りに合わせて企画した。クリエーティブな作品で話題を提供できれば」と企画展を担当する佐々木陽子さん。「わたしたちのシェアオフィスでは、地元クリエーターの入居も募集している。皆さんと刺激し合いながら商品開発などを行うことができれば」とも。

 デザインの人気投票も行い、最多投票を獲得したデザインTシャツは、8月3日~6日に開催の「竿燈祭り」に合わせ、同所で販売を予定する。

 展示は12時~18時。入場無料。今月25日まで。