食べる

秋田の人気菓子パン「バナナボート」の高校コラボ商品、今年も

秋田市内の製パン会社が秋田県内の4高校の生徒と連携して開発した「バナナボート」

秋田市内の製パン会社が秋田県内の4高校の生徒と連携して開発した「バナナボート」

  • 2

  •  

 たけや製パン(秋田市川尻町字大川反)は10月1日、県内4高校の生徒と連携して開発した菓子パン「バナナボート」4種類を発売する。

秋田市内の製パン会社が県内4高校の生徒と共同開発した「バナナボート」4種

 昭和30年代の発売以来、1日に2万5000個を出荷する同社の人気商品「バナナボート」。バナナとホイップクリームをスポンジ生地で包んだシンプルさから、大手菓子会社や氷菓会社とコラボ商品を発売するなど、これまでに多くのバリエーションを展開する。

[広告]

 地元の高校生と共同で同商品の開発に取り組んで5回目を数える今年は、中央、由利本荘、県北、県南の4地域の4校と連携した。

 発売するのは、「秋商ボートコーヒー&ホイップ」(秋田商業高校)、「由利高ボートあまおういちごジャム」(由利高校)、「KJボートほうじ茶クリーム」(大館国際情報学院高校)、「角高ボートピスタチオショコラ」(角館高校)の4種類。各高校の生徒が検討・提案した新メニューのアイデアを基に商品化した。

 同社の加藤勇人さんは「スーパーなどで、自分の通う高校名の付いた商品を見かけることが誇らしいとの声を高校生の皆さんからもらえることがうれしい。今年も地元の皆さんによろこんでいただける商品に仕上がった。県内の明るい話題につながれば」と話す。

 初日の出荷は5000個を予定。参考希望小売価格は160円(税抜)。県内のスーパーやコンビニ約900店で販売する。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home