食べる 買う

秋田の比内地鶏商社と山形のラーメン店「琴平荘」が家庭調理麺でコラボ

「琴平荘×比内地鶏 中華そば」(調理例)

「琴平荘×比内地鶏 中華そば」(調理例)

  •  
  •  

 秋田味商(潟上市)は11月上旬、山形県鶴岡市の人気ラーメン店と共同開発した家庭調理麺「琴平荘(こんぴらそう)×比内地鶏 中華そば」を発売した。

山形県鶴岡市の人気ラーメン店「琴平荘(こんぴらそう)」

 全国から足を運ぶファンで連日行列ができるラーメン店として知られる「琴平荘」。

[広告]

 同店のファンだった比内地鶏製品の製造・販売を行う同社の工藤真史社長が「比内地鶏の旨みを加えたメニューを開発できないか」と、同店を経営する掛神淳さんに持ち掛けた。かつて、掛神さんがコスト面を理由に比内地鶏の使用を断念した経緯もあり、二人は意気投合。

 アゴ(トビウオ)や豚、鶏などの出汁を使う同店の醤油スープをベースに、比内地鶏の鶏油(ちーゆ)を加えたり、スープに合わせて中太麺を特注したりするなどした商品を1年ほどかけて共同開発し、発売にこぎつけた。

 工藤社長は「試食時に見せた掛神さんのうれしそうな表情が忘れられない。1年ほどかけて開発したラーメンを皆さんに楽しんでもらえれば」と新商品に自信を見せる。

 価格は1,080円(2人前)。秋田・山形両県の駅や空港、土産物店などで販売するほか、通信販売も行う。

  • はてなブックマークに追加