見る・遊ぶ

秋田オーパと秋田美大がコラボ展 館内「水槽」に見立て魚類作品展示

「秋田オーパ」吹き抜けを「水槽」に見立てて展示される海洋生物がモチーフの立体作品群

「秋田オーパ」吹き抜けを「水槽」に見立てて展示される海洋生物がモチーフの立体作品群

  •  
  •  

 秋田駅前のファッションビル「秋田オーパ」(秋田市千秋久保田町)と秋田公立美術大学(新屋大川町)のコラボ作品展が7月20日、同ビル内で始まった。

「秋田オーパ」1階から見上げた吹き抜けスペース

 館内をアート作品の展示スペースに活用することでアートに親しむ機会を広く提供することなどを目的に、両者が連携して初めて企画した。

[広告]

 初回の出展作品は、発泡シートを使う作品の制作に取り組む横手市在住の永沢敏春さんが手掛けた、魚類やウミガメなどの海洋生物をモチーフにした立体作品6点。ビル1階から4階までの吹き抜けスペースを「水槽」に見立てて展示する。同大学准教授でものづくりデザインを専攻する安藤郁子さんが監修を務めた。

 「館内に漂うように展示した永沢さんの精巧な魚の作品群は、吹き抜け回りのガラス面を通して見ると本当に水族館にいるよう」と同ビル館長の山本克彦さん。「秋田の文化の発信基地としての役割を担っていくことができれば」と同大学との連携に期待を寄せる。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加