買う

秋田美大学生の作品展示「販売」会 学生が作品の価格設定も

「AKIBI ARTs MARKET(アキビ・アーツマーケット)」に出品する秋田公立美術大学に通う浅香遊さん、牧野心士さん、柴田風也さん(左から)

「AKIBI ARTs MARKET(アキビ・アーツマーケット)」に出品する秋田公立美術大学に通う浅香遊さん、牧野心士さん、柴田風也さん(左から)

  •  
  •  

 秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)に通う学生6人が制作した作品の展示販売会が3月8日、秋田公立美術大学サテライトセンター(中通2)で始まった。

金網と樹脂で「犬」を表現した立体作品

 同大学とNPO法人アーツセンターあきた(新屋大川町)が「AKIBI ARTs MARKET(アキビ・アーツマーケット)」と銘打ち、学生自ら作品の価格設定も行う美術展として企画した。

[広告]

 同大学の卒業制作展で最優秀賞の学長賞を受賞した5種のジグソーパズル作品(浅香遊さん)、佐渡島を訪れた際に接した祭りから受けた印象を木製板やトタンにアクリル絵の具で表現した作品(柴田風也さん)、絵画表現の多様性を追求したグラフィティー作品(牧野心士さん)、階段をキャンバスに見立てた「置く絵画」作品(大平真子さん)、金網と樹脂で「犬」を表現した立体作品(五月女かおるさん)、大小の絵画作品(小山内毬絵さん)など161点の作品を展示販売する。価格は2,100円~10万円。

 開催初日、「犬」の立体作品や「パズル」作品を買い上げる市民の姿が見られるなど、滑り出しは好調。「自身の作品に価格を付けることには葛藤もあり、難しい作業だった」と柴田さん。牧野さんは「来場する皆さんに作品を見ていただきながら、会話を楽しむ空間にできれば」と話す。

 同NPO事務長の三富章恵さんは「クオリティーの高い作品が集まった。鑑賞するだけではなく、作品を購入や所有することを通じて、アートやデザイン、大学を身近に感じていただく機会にできれば」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時(最終日は17時まで)。入場無料。今月10日まで。

  • はてなブックマークに追加