見る・遊ぶ

秋田で玩具デザイナー招いた複合イベント 作品展やワークショップなど多彩に

積み木など玩具のデザインを手掛ける相沢康夫さんを招いた複合イベント「あそびのはじまり展」

積み木など玩具のデザインを手掛ける相沢康夫さんを招いた複合イベント「あそびのはじまり展」

  •  

 玩具デザインなどを手掛ける相沢康夫さんを招いた複合イベントが10月19日から、渡邉幸四郎邸(秋田市新屋表町5)で開かれる。

「あそびのはじまり展」フライヤー

 木製玩具などを扱う「のはらむら」(泉馬場)が、開業4周年を記念して企画した。スイス・ネフ社やドイツ・ジーナ社など主にヨーロッパの玩具メーカーで製品化される相沢さんの作品など60点以上を展示する展示会のほか、「あそびのはじまり展」と銘打ち、相沢さんが玩具やデザインにまつわるエピソードなどを紹介するギャラリートークや積み木ショーを開く。教育や保育関係者、デザイン関係者などを対象に、玩具や遊ぶことを題材にしたセミナーも開く。開催日時と参加費は以下の通り。

[広告]

 作品展=19日~22日10時~17時(21日・22日は12時まで)。入場料200円(高校生以下100円)。積み木ショー=21日10時30分~11時30分、参加費1,000円(高校生以下は500円、1歳未満無料)。ギャラリートーク=同13時~14時、参加費800円。セミナー=同14時30分~17時45分、参加費3,000円(大学生以下は2,500円)。

 作品展以外の参加には予約が必要。申し込みは「のはらむら」(TEL 018-868-4473)まで。