見る・遊ぶ

秋田で舞踏「土方巽記念賞」受賞者らが公演、新作の初演も

新作の初演へ向けて準備を進めるダンサーで振付家の三東瑠璃さん

新作の初演へ向けて準備を進めるダンサーで振付家の三東瑠璃さん

  •  

 秋田市にぎわい交流館AU(秋田市中通1)で10月13日・14日に開催予定の「土方巽記念賞エキシビション公演」の開催準備が現在、秋田市内で進められている。

「土方巽記念賞」を受賞したダンサーで振付家の三東瑠璃さん

 2017年に秋田市内で開かれた国際ダンスフェスティバル「踊る。秋田」で土方巽記念賞を受賞したダンサーで振付家の三東瑠璃さんのほか、同オーディエンス賞を受賞した台湾在住のハンチャン・ライさん、韓国で開かれるソウル国際振付フェスティバル「NDA International Festival」から招聘したイ・ジヒさん、イ・ダキョムさん、イ・ギョングさんがダンスを披露する。

[広告]

 スウェーデン王立バレエ団の作品にゲストダンサーとして出演した経歴などを持つほか、国内外のダンスフェスティバルやコンテストで高い評価を受ける三東さん。12日に市内で行ったリハーサル会場で「披露する20分ほどの作品は今回が初演。身体の記憶をたどる時間を通じて、体の痛みや熱量、記憶など何か忘れかけていたものを沸き起すことができれば」と意気込みを見せる。「作品の大切な初演に、皆さんに立ち会っていただければうれしい」とも。

 開催時間は、13日=18時30分~、14日=14時~。入場料は3,000円、高校生以下無料。未就学児童の入場はできない。

 10月26日には、同フェスティバルで「石井漠記念賞」受賞した勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの記念公演「白痴」が、秋田市文化会館(山王7)で開催予定。開催時間などはホームページで確認できる。