天気予報

16

9

みん経トピックス

文化センター

秋田のバンドが新作CD秋田で「育児と美術」トーク

秋田で舞踏家「土方巽」記念公演 16カ国219作品から「既成概念越え」選ぶ

秋田で舞踏家「土方巽」記念公演 16カ国219作品から「既成概念越え」選ぶ

「土方巽記念賞」ファイナリストのダンスグループ「水中めがね∞」

写真を拡大 地図を拡大

 「土方巽記念賞・ファイナリスト公演」が10月26日~28日、「秋田県児童会館けやきシアター」(秋田市山王中島町)で開かれる。

台湾の原住民の踊りがモチーフの作品を披露する台湾の「Tjimur Dance Theatre」

 モダンダンスの先覚者で紫綬褒章の第1号受章者としても知られる石井漠と、日本独自の表現スタイル「BUTOH(舞踏)」を世界に広めた土方巽(たつみ)の2人の出身地である秋田を「舞踊・舞踏の聖地に」と現在、秋田市内で開催中の国際ダンスフェスティバル「踊る。秋田2017」の一環。

 今春、公募で集まった16カ国219作品の中から映像審査で選ばれた15組と特別出演1組の5カ国16組がファイナリストとして出演し、「既成のダンス概念を越え、独自の表現を生み出そうとする意志のある作品」に「土方巽記念賞」や、観覧者の投票で決める「オーディエンス賞」などを贈る。ファイナリストは以下の通り。

 三東瑠璃さん、四戸賢治さん、下島礼紗さん、小暮香帆さん、「水中めがね∞」「CAKRA DANCE COMPANY」(以上、日本)、「Dance company the but」、Kyum AhnさんとGa-young Leeさん、Bong-su Kimさん、Seol-jin Kimさん(以上、韓国)、「Tjimur Dance Theatre」「Hung-Chung Lai」「Kuan Hsiang Liu」「Su Shu」(以上、台湾)、Josh Martinさん(カナダ)、「Compania Danza Universitaria」(コスタリカ)。

 同実行委員会事務局の担当者は「世界のダンスの今に触れることができる機会は、東京など大都市圏でも少ない。学生は無料なので地元の若い皆さんに体感いただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は26日・27日=18時30分~、28日=15時~。入場料は、2,000円(当日2,300円)、「オーディエンス賞」投票券付の3日間通し券は5,000円。学生は無料(予約が必要)。ローソンチケットなどで販売する。

 新政酒造・旧感恩講西籾蔵(大町6)で25日、国内外から3組のダンスカンパニー3組を招いたオープニング公演と交流会を開く。開催時間は18時30分~。入場料は1,000円(パーティー付き通し券=2,000円、パーティーのみ=1,500円。定員50人。

問い合わせは実行委員会事務局(TEL 018-874-9037)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング