食べる

秋田のホテルが高級パン「金匠」 甘く豊かな味わい探求

秋田市内のホテルが限定販売する高級パン「金匠(きんしょう)」

秋田市内のホテルが限定販売する高級パン「金匠(きんしょう)」

  •  
  •  

 秋田キャッスルホテル内「キャッスル・デリカ」(秋田市中通1、TEL 0120-834-055)は6月9日、高級パン「金匠(きんしょう)」を発売する。

秋田市のホテルが発売する高級パン「金匠(きんしょう)」

 秋田県産小麦や「白神こだま酵母」などを原料に使った、幅18センチ、高さ・奥行き9センチほどの食パンのような見た目の商品。パン作りの基本となる材料の配合比率「ベーカーズパーセント」の枠を超え、卵黄とバターなどで練り上げるなどして黄金色の生地に仕上げた。

[広告]

 同社広報担当者は「ベーカーズパーセントを超えたパン作りの難易度は高いが、これまでになかった新しい味わいをと、当社パン職人が作り上げた。甘くリッチな味わいなので、ティータイムでも楽しんでいただけるのでは」と話す。

 価格は1,728円。1日10個限定で、金曜・土曜・日曜に販売する。予約も受け付ける。

 6月9日・10日、同商品の試食コーナーなどを設ける「キャッスル・パンフェスタ」の開催を予定する。開催時間は10時~14時。

  • はてなブックマークに追加