食べる

大館のベーカリーが秋田に移転開業-ドイツパンなど堅めの食感にこだわり

秋田市内に移転オープンしたベーカリー「ベッカライ・バンデブロート」の岩谷正明さん

秋田市内に移転オープンしたベーカリー「ベッカライ・バンデブロート」の岩谷正明さん

  •  
  •  

 大館市のベーカリー「ベッカライ・バンデブロート」(秋田市八橋田五郎1、TEL 018-838-0860)が2月14日、秋田市に移転オープンした。

秋田市のベーカリー「ベッカライ・バンデブロート」の商品

 東京のベーカリーなどで10年ほど修行した岩谷正明さんが2011年10月、故郷の大館市内で開業した同店。秋田市から通うファンも多かったことなどから移転を決めた。店名は「パンを通じたつながり」を意味するドイツ語から。

[広告]

 約10坪の店内で、ライ麦と小麦を使ったドイツ・ベルリン地方の代表的なパン「ベルリーナ・ラント・ブロート」(220円~)などのドイツパンのほか、低温で長時間発酵させて小麦粉の香りと味を引き出したフランスパン「バゲットレジャンデール」(160円~)など堅めの食感のパンを中心に約40種類を販売する。

 岩谷さんは「基本を忠実に守りながら、おいしいパンづくりを心掛けている。皆さんに愛される『町のパン屋』になれれば」と意気込みを見せる。

 営業時間は9時30分~19時。月曜、第1日曜定休。

  • はてなブックマークに追加