天気予報

14

9

みん経トピックス

秋田の「青豆ドラジェ」好調秋田で「かなもの」展

秋田で「平賀源内コーヒー」発売へ 古文書から245年前の味をイメージ

秋田で「平賀源内コーヒー」発売へ 古文書から245年前の味をイメージ

平賀源内が振る舞ったとされるコーヒーをイメージしたドリップパック「平賀源内カウヒイ」

写真を拡大 地図を拡大

 陶磁器やコーヒー豆などを扱う「南蛮屋あおい」(秋田市大町1、TEL 018-862-2746)が4月1日、江戸時代中頃の学者・平賀源内が振る舞ったとされるコーヒーをイメージしたドリップパック「平賀源内カウヒイ」を発売する。

「平賀源内カウヒイ」を商品化した陶器店の青井智社長

 現在の仙北市角館を訪れた平賀源内が1773年、解体新書の挿し絵や秋田蘭画などで知られる画家・小田野直武に「南蛮茶(コーヒー)」を振る舞ったとの記録を見つけた同店の青井智(さとる)社長が、「角館ゆかりのコーヒーとして再現できないか」と1年ほどかけて商品化にこぎ着けた。

 「(コーヒーは)焦げくさくして味ふるに堪えず」などの古文書の記述を手掛かりに、炭火焙煎(ばいせん)したブラジルやコロンビアなど数種のコーヒー豆をブレンドするなど試行錯誤を重ね、苦みを生かした商品に仕上げた。クラウドファンディングで資金を調達し、知人の協力を得て平賀源内作の「西洋婦人図」(神戸市立博物館蔵)を商品パッケージに使った。

 「歴史のロマンに思いをはせながら、245年前の味をイメージして楽しんでもらえれば」と青井社長。

 価格は1,620円(5パック入り)。秋田市内4店舗の「南蛮屋あおい」のほか、仙北市角館で販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング