食べる

秋田で日本酒の「仕込み水」使うアイスコーヒー、人気に

日本酒「新政」の仕込み水にも使われる湧き水で作るアイスコーヒー

日本酒「新政」の仕込み水にも使われる湧き水で作るアイスコーヒー

  •  
  •  

 7月にオープンした「秋田市新屋ガラス工房」(秋田市新屋表町)内のカフェで提供するアイスコーヒーが現在、人気を集めている。

日本酒「新政」の仕込み水にも使われる湧き水で作るアイスコーヒー

 同地区から出る湧き水と、湧き水を煮沸して製氷した氷で作るアイスコーヒー(500円)。「No.6」などの銘柄で全国的に人気を集める新政酒造(大町6)が「仕込み水」として使っている湧き水であることや、同工房で販売するグラスを選んで注文できることなどから、来場者の注文が多いという。

[広告]

 店長の芳賀洋介さんは「当地区の湧き水は軟水。日本酒が好きな方の注目も高い。ストローも用意しているが、グラスに直接口を付けて、やわらかな口当たりを楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 9月以降、ホットコーヒーや自家焙煎(ばいせん)のコーヒー豆を使ったメニューの提供も予定する。

 営業時間は10時~17時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加