天気予報

16

9

みん経トピックス

文化センター

秋田の神社で「狐の行列」秋田で「イチジク」レシピ集

秋田の地方紙が「記事本数別」購読サービス 女性記者が演歌でアピール

秋田の地方紙が「記事本数別」購読サービス 女性記者が演歌でアピール

「秋田魁新報」新サービスを女性新聞記者が演歌でアピールするテレビCMの一コマ

写真を拡大 地図を拡大

 秋田魁新報社(秋田市山王臨海町)が10月、全文を読むことができる記事の本数別ウェブサービスを始めた。

 これまで、記事の一部をウェブサイトに公開し、記事の全文は秋田県外在住者が対象のサービス(月額3,500円)と、新聞の定期購読者が対象のサービス(月額324円)で提供してきた同新聞社。

 10月から、記事全文をウェブ上で1日1本だけ読むことができる無料の「Sコース」、10本の「Mコース」(月額540円)、30本の「Lコース」(月額972円)の新サービスを追加した。「おくやみ欄」は対象外となる。

 読むことができる記事の本数ごとに料金が異なる購読サービスのユニークさをアピールしようと、「好きなニュースが1本10本30本」との歌詞を演歌やラップに乗せて紹介するテレビCMもユニーク。

 中でも美声を披露するのは、全国民謡大会への出場経験を持つ同新聞社の斎藤祐希記者。「通常の紙面で読んでいただきたいのはもちろんだが、気になる記事だけでも手軽に読んでいただければとの思いを込めて歌った」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング