天気予報

28

22

みん経トピックス

大学生と商店街連携イベント秋田のシンボルマーク募集

アップルマーク入りの「リンゴ」話題に-五城目町の男性が趣味で作る

  • 0
アップルマーク入りの「リンゴ」話題に-五城目町の男性が趣味で作る

作ったリンゴは、「Appleのロゴ」「iPod のシルエット」「オリジナルのハート形リンゴマーク」の3種類

写真を拡大

 秋田県五城目町在住の男性が趣味で作ったアップルコンピュータのマークが入った「リンゴ」が話題になっている。

アップルマーク入り「リンゴ」の作り方

 リンゴを作ったのは、15年来の同社製パソコン「マッキントッシュ」(通称=マック)のファンというNOBONさん。マック関連の記事ばかりをほぼ毎日更新するNOBONさんは、「国内のマック情報は、どうしても海外ネタを扱うことが多くなるが、日本のファンとしても何かやれないか」と3年ほど前、「アップルマークが入ったリンゴがあったら面白いのでは」(NOBONさん)と「ブログネタ向け」(同)に考案。

 リンゴの品種は、NOBONさんが1本だけオーナーになっているという果樹園の「ふじ」。リンゴが色付く前の先月初旬、カッティングシートで作ったシールをリンゴに貼り付け、赤く色付いたところでシールをはがすと、マークが浮き出る仕組み。

 NOBONさんは「毎年、作ろうと思いながら時期を逃してきた」が、「今年は息子の名入りのリンゴを作らなければならなかったため、時期を逃すことは許されなかった(笑)」と話す。

 収穫後の11日、早速ブログに掲載したところマックユーザーを中心に話題となり、海外のマックファン向け有名サイト「Cult of Mac」にも取り上げられるなど、NOBONさんの「リンゴ」を紹介したブログは「確認できただけで50サイト近い」(同)。NOBONさんは「日本から海外のマックファンに向けたネタ提供ができて最高の気分」とし、「マックファンは、デジタルだけではないつながりがあって楽しい」と話す。

 段ボールで4箱の収穫があったリンゴは、「自分で食べたり、知人に配ったりしたのでもう無い」(同)という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング