秋田の魅力を表現したシンボルマーク募集-県情報公開センター

秋田の魅力をイメージしたシンボルマークを募集。画像は秋田県の観光PR用のシンボルマーク「秋田花まるっ」

秋田の魅力をイメージしたシンボルマークを募集。画像は秋田県の観光PR用のシンボルマーク「秋田花まるっ」

  •  

 秋田県知事公室情報公開センター(秋田市山王4、TEL 018-860-1075)は現在、秋田県のPR向けシンボルマークを募集している。

 募集するのは、同センターが先月上旬、公募作品の中から決定したキャッチコピー「秋田で元気に!」と組み合わせて使用する県のPR向けシンボルマーク。県が使用するシンボルマークとしては、現在、観光PR向けに「秋田花まるっ」マークも使われているが、「新マークは観光に限らず、商品やイベントなどでも幅広く使用できるものを募集する」(同センター・吉尾さん)という。

[広告]

 吉尾さんは「PRキャラクターとしては『スギッチ』がいるので、キャラというよりはシンボルマークを募集する」とし、「すでに全国から41点の作品が寄せられている。秋田の魅力を県内外に発信できる作品を期待している」と話す。

 専用用紙またはA4の白色用紙1枚に1案、キャッチコピー「秋田で元気に!」と組み合わせて応募する。最優秀賞1点に賞金30万円、優秀賞2点に賞金2万円が贈られる。入賞作品の著作権と使用権は、秋田県に帰属する。発表は、来年1月下旬以降、入賞者に通知するほか、県広報誌とホームページでも行う。

 締め切りは12月22日(当日消印有効)。応募方法はサイトから。