行列ができる秋田の「かき氷」店-1番人気は今年も「生グソ」

同店1番人気の「生グレープフルーツ・ソフト」(通称=生グソ)

同店1番人気の「生グレープフルーツ・ソフト」(通称=生グソ)

  •  
  •  

 秋田の老舗和菓子店・広栄堂(秋田市南通みその町、TEL 018-832-5736)が夏季限定で営業する「かき氷専門店」が連日、多くの来店客でにぎわっている。

 例年、行列ができる「かき氷店」として知られる同店の店舗面積は約40平方メートルで、30席を用意する。大きな果肉入りの生果汁をシロップに使い、ソフトクリームを乗せたメニューが特徴のかき氷は、「生レモン・ソフト」(400円)、「ネクタリン・ソフト」(430円)、「巨峰ソフト」(480円)など約70種類。1番人気は、常連客が略して「生グソ」と呼ぶ「生グレープフルーツ・ソフト」。同店の店主は「フルーツを使ったメニューが人気だが、最近は『抹茶ソフト』を注文する幼稚園児もいる。茶道を教育に取り入れた幼稚園のためかも」とも。

[広告]

 店内に冷房はないが、かき氷を食べ終わった客の表情は一様に涼しげ。気温30度を超える真夏日の今日、「生グソ」を注文した女性は「10年ぶりに食べに来た。昔から変わらない味でおいしい」と話していた。

 営業時間は10時~19時。8月13日は17時までで、同14日・15日は休業。かき氷店としての営業は9月下旬まで。

  • はてなブックマークに追加