食べる

秋田・うどんのだし味の焼き菓子に新商品「ライト」

秋田の名物自販機を模したパッケージで販売する「甘じょっぱいパウンドケーキ」(左)と新商品「Light(ライト)」(右)

秋田の名物自販機を模したパッケージで販売する「甘じょっぱいパウンドケーキ」(左)と新商品「Light(ライト)」(右)

  • 10

  •  

 自販機のうどん・そばで使うスープ風味のパウンドケーキ「甘じょっぱいパウンドケーキ」のラインアップに3月18日、新商品「Light(ライト)」が加わった。

「少し、甘じょっぱいパウンドケーキ Light」

 1971(昭和46)年に秋田港近くの食品販売会社の店先に設けられ、現在、道の駅あきた港に隣接するセリオンリスタ(秋田市土崎港西1)内で稼働するうどん・そばの自販機。長年にわたり、地元住民らに愛されてきたことから「自販機にあやかった商品を」と2020年11月、しょうゆ味のうどん・そばのだしを原料に使うパウンドケーキを発売した。

[広告]

 秋田市の営業許可証や補修テープ跡など自販機を細部まで再現した紙製パッケージなどが話題になり、県内の土産物店などから取り扱いの打診を多く受けたが、同施設のPRを兼ねた限定商品として企画・発売した経緯から、他店でも扱える商品として、新商品をラインアップに加えた。

 これまでの商品とサイズや内容量などに変わりないが、原料に使うだしの量を40%ほど減らした。

 商品を企画したよしかタンポポプランニング(大仙市)代表の今野孝一さんは「塩辛い味を好む秋田県民に合わせたオリジナル商品に対し、だしを減らして、より食べやすさを追求した。両商品をセットにした食べ比べセットも検討中」と話す。

 価格は1,080円。同施設で先行販売し、4月以降、県内道の駅などでも扱う。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース