見る・遊ぶ

秋田のNPOがオンライントーク「限界飯」 出場者募集

トークイベント「フードグランプリ」などを発案したワークショップの様子(2019年度)

トークイベント「フードグランプリ」などを発案したワークショップの様子(2019年度)

  • 107

  •  

 NPO法人アーツセンターあきた(秋田市新屋大川町、TEL 018-888-8137)は現在、8月23日に開催予定のオンラインイベント「フードグランプリ~限界飯編」の出場者を募集している。主催は秋田市。

「フードグランプリ~限界飯編」チラシ

 「節約生活を送っていたとき」「経済的に苦しかったとき」「一人暮らしを始めたとき」「多忙で食事の時間を取りづらかったとき」などに作る料理を「限界飯」と名付け、レシピやエピソードを紹介し合うトークイベント。

[広告]

 飲食店「ティーランカ」(山王1)店主の谷洋子さんと写真家の船橋陽馬さんをコメンテーターに迎え、あらかじめ選ばれた6組がオンラインで「限界飯」をプレゼンテーション。互いの「限界」をたたえ合いながら、観覧者の投票で優秀作品を決める。進行は、タレントの神長タクミさん。

 来春オープン予定の秋田市文化創造館のプレ事業として2019年度に開いたワークショップで、男鹿市在住の会社員・松野輝大(てるお)さんが発案した。

 同NPOスタッフの田村剛さんは「多くの皆さんが経験する、困っていた時代の『限界』を見直すことで、これを乗り越えたポジティブなことに捉え直す機会。珍しいレシピでなくとも構わないので、皆さんとたたえ合うことができれば」と応募を呼び掛ける。

 開催時間は11時~13時。

 応募締め切りは、出場希望者=8月17日、観覧希望者=同20日(先着20組)。

ピックアップ

Stay at Home