3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

なまはげストラップに新商品 男鹿・芦沢地区のなまはげをモチーフに

男鹿市芹沢地区のなまはげがモチーフのストラップ

男鹿市芹沢地区のなまはげがモチーフのストラップ

  •  
  •  

 観光土産品などの企画・販売を手掛ける「フルゥール」(秋田市土崎港中央6、TEL 018-846-0977)は3月中旬、「秋田男鹿なまはげストラップ」を発売する。

ラインアップを増やす「秋田男鹿なまはげストラップ」

 男鹿市内の約90地区で行われる国の重要無形文化財「なまはげ」行事。地区ごとに面の表情が異なる。

[広告]

 中でも、一般に広く知られるなまはげと大きく異なる芦沢地区の面が県の観光ポスターに起用されるなど、現在、注目を集めていることなどから商品化した。

 面の表情や手に持つ道具など「細部にまでこだわり抜いた」というデザインは、同社の高安恒治社長自らが手掛けた。サイズは全長14センチ、赤と青の2色を展開する。

 高安社長は「これまでのなまはげのストラップは、かわいらしい表情にデフォルメしたものが多かったため、興味を持つお客さまは限られていた。新商品は、芦沢地区のなまはげの独特な表情がモチーフ。広い世代の皆さんに関心を持って手にしてもらえる商品に育てられれば」と話す。

 価格は350円(税別)。県内の道の駅などで販売する。