暮らす・働く

「秋田竿燈市民パレード」、今年も開催へ 参加団体募集

今年で11回目を数える「竿燈(かんとう)市民パレード」(写真は昨年)

今年で11回目を数える「竿燈(かんとう)市民パレード」(写真は昨年)

  •  
  •  

 「竿燈(かんとう)市民パレード」実行委員会が現在、8月6日に開催予定のパレード参加者を募集している。

「竿燈」の合同練習(関連画像)

 秋田市の夏祭り「竿燈まつり」の演技前の時間を使い、交通規制が行われた「竿燈大通り」で行われるパレードは今年で11年目。

[広告]

 例年、市内を拠点に活動する社会活動団体と秋田商業高校吹奏楽団を先頭に、県内NPOや福祉団体、学生団体などのほか、地元で開催するさまざまな分野のイベント実行委員会や地元プロスポーツチームなど約50団体、1200~1500人ほどの市民が参加し、沿道に集まった観光客と手を振ったり、声を掛け合ったりするなどして交流する。

 パレードを企画運営する武内伸文さんは「秋田を訪れる観光客の皆さんに、市民が歓迎の意を表す場が少ないことから始めたパレード。今年も多くの皆さんと一緒に笑顔のおもてなしができれば」と参加を呼び掛ける。

 7月16日、参加団体向け説明会を秋田市中央市民サービスセンター(山王1)で開く。開催時間は18時30分~19時30分。参加無料。募集の締め切りは7月12日。問い合わせは、武内さん(TEL 090-2363-0398)まで。

  • はてなブックマークに追加