食べる

秋田・手形に洋食居酒屋「ルート7」 欧米の大衆酒場をイメージ

「欧米の大衆酒場」がコンセプトのダイニング「ROUTE 7(ルートセブン)」

「欧米の大衆酒場」がコンセプトのダイニング「ROUTE 7(ルートセブン)」

  •  

 洋食ダイニング「ROUTE 7(ルートセブン)」(秋田市手形山崎町、TEL 018-807-5547)が6月19日、オープンする。

欧米の大衆酒場風「ビーフステーキ」

 「居酒屋やすし店、ラーメン店など飲食店の多い手形エリアだが、洋食と洋酒を楽しめる飲食店が少ないのは寂しい」と、料理人の見上和稀さんが、同エリアで営業する「居酒屋ひげだるま」(同)のサポートを受けて開業した。

[広告]

 「欧米の大衆酒場」をイメージし、木材を多用した内装と木製家具で統一した店内に、カウンターと2~4人向けテーブル席を合わせ35席設ける。

 「ガーリックシュリンプ」(780円)、「バッファローチキンウイング」(600円~)、「ビーフステーキ」(1,300円)などの洋酒に合わせたメニューをそろえるほか、「ロコモコ丼」(850円)なども提供する。ドリンク類は、「バドワイザー」「ブルックリンラガー」など輸入ビール(530円~)を中心に、カクテル(530円~)やボトルワイン(1,800円~)などをそろえる。客単価は2,500円~4,000円を想定する。貸し切りは20人以上(1人3,500円~)から受け付ける。

 「幅広い世代のお客さまに楽しんでいただける店づくりを心掛けたい」と見上店長。同店を共同経営する菅原直幸さんは「気軽に洋食を楽しむことができるダイニングとして立ち上げた。今後、営業時間は深夜に拡大する予定。地域の皆さまはもちろん、手形エリアに足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は19時~24時。火曜定休。