食べる

秋田で「鴇ワイン」ケーキ 鹿角市のワイナリーと提携で

「鴇(ときと)小公子ワイン」が原料のジャムをサンドしたワインケーキ

「鴇(ときと)小公子ワイン」が原料のジャムをサンドしたワインケーキ

  •  

 秋田県産食材などを使った土産物品の企画・販売を手掛ける「フルゥール」(秋田市土崎港中央6、TEL 018-846-0977)が4月下旬、ワインジャムを原料に使った「鴇(ときと)ワインのタルトケーキ」を発売した。

 秋田県北に位置する小坂町産のブドウ品種「小公子」を使い、鹿角市内のワイナリーで醸造する「鴇小公子ワイン」。2017年5月から運行するJR東日本の豪華観光列車「四季島」で車内提供されるなど注目を集める。

[広告]

 同社と「ワイナリーこのはな」(鹿角市)が提携し、「鴇小公子ワイン」が原料のジャムをサンドした直径14センチほどの焼き菓子に仕上げた。

 同社の高安恒治社長は「県南に比べると県北の土産品が少ない。県北の新たな名物として展開することができれば」と新商品に期待を寄せる。「同アルコール分を含まないので、お子さまにも召し上がっていただける」とも。

 価格は864円。秋田県内の道の駅などで販売する。