見る・遊ぶ 学ぶ・知る

秋田で「ポケモンGO」など使った調査事業 観光誘客の可能性探る

スマートフォンの位置情報機能を活用したゲームアプリ「ポケモンGO」(秋田駅周辺の画面表示)

スマートフォンの位置情報機能を活用したゲームアプリ「ポケモンGO」(秋田駅周辺の画面表示)

  • 0

  •  

 「ポケモンGO」や「イングレス」などの位置情報ゲームを活用した観光誘客の可能性調査事業が8月から、秋田市内などで行われる。

アンケート協力者に進呈する「なまはげ」デザインの携帯クリーナー

[広告]

 米ナイアンティック社が開発し、世界で数千万人が楽しむスマホアプリ「イングレス」や、同アプリをベースに開発され、社会現象にもなっている「ポケモンGO」など、スマートフォンのGPS機能を活用した「位置情報ゲーム」。

 実際にまちなかを歩き回らなければプレーすることができないゲームの特長を生かした観光誘客の可能性などについて、秋田県観光戦略課の「ゲーム×自治体 観光誘客可能性調査事業」の委託を受け、IT関連会社の経営者やご当地ヒーロー制作者ら4者で作る「秋田イングレス活用研究会」が実施する。

 8月3日から開催予定の「竿燈(かんとう)まつり」に合わせ、市内を訪れたゲームユーザーが対象のアンケート調査を行うのを皮切りに、「秋田内陸縦貫鉄道」を使ったイベントやゲーム勉強会なども予定する。

 同研究会代表の小林秀樹さんは「当地へ足を運ばなければプレーできない位置情報ゲームと観光との相性はいい。誘客へ向けた可能性を示すことができれば」とアンケートへの協力を呼び掛ける。

 アンケート調査は8月3日~6日、秋田県庁第2庁舎(秋田市山王3)1階ロビーで行う。実施時間は13時~20時30分(6日は15時~)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース