食べる

秋田の高級日本料理店が店頭販売商品開発へ-比内地鶏専門商社と提携で

秋田市の料理人・高村宏樹さん(左)と比内地鶏専門商社の工藤真史社長

秋田市の料理人・高村宏樹さん(左)と比内地鶏専門商社の工藤真史社長

  • 1

  •  

 日本料理たかむら(秋田市大町1)と比内地鶏加工品専門商社の秋田味商(潟上市)が現在、比内地鶏を食材に使った店頭販売向け高級商品の開発を進めている。

比内地鶏加工商品の開発を進める料理人の高村さんと工藤社長

 飲食レビューサイトの日本料理部門で全国2位の評価を得るなど注目を集め、国内外の食通が通う高級日本料理店として知られる同店。

[広告]

 これまで県内外の食品関連会社などから店頭販売向け商品開発の打診を受けながらも「単なる監修商品にしたくないため断ってきた」が、「料理に対する姿勢がパートナーとして信頼できる」と初めて同社との提携を決めた。

 開発を進めるのは、比内地鶏を食材に使った店頭販売向け商品2品。作り置きしない店内料理と店頭販売向け商品は調理工程などが異なることから、調味料や水の品質まで調整、試作を重ねながら開発を進める。

 「当店では初めての店頭販売向け商品。秋田発の『作品』として仕上げられれば」と同店の高村宏樹さん。同社の工藤真史社長は「比内地鶏の魅力を全国に発信するのが当社の使命。全国の食通の皆さんの期待に応えられる一品として届けたい」と意気込みを見せる。

 県内外の百貨店などで5月の発売を目指す。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース