見る・遊ぶ 暮らす・働く

草間彌生さんの「南瓜」、カボチャ畑に出現-KAMIKOANIプロジェクト秋田

秋田県上小阿仁村のカボチャ畑に展示中の草間彌生さんの彫刻作品「南瓜」

秋田県上小阿仁村のカボチャ畑に展示中の草間彌生さんの彫刻作品「南瓜」

  •  
  •  

 秋田県上小阿仁村のカボチャ畑に現在、世界的な現代美術家・草間彌生さんの彫刻作品「南瓜」が野外展示され、来場者を楽しませている。

草間彌生さんの彫刻作品「南瓜」の中からの眺め

 地域の風土や伝統と芸術活動を媒介に地域活性化を目指し、同村全域で8月10日から開催中の「KAMIKOANIプロジェクト秋田2013」。秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)の芝山昌也准教授がディレクターを務め、国内外で活躍する19人の美術家が出品する。

[広告]

 草間さんが制作した高さ4.3メートル、直径 5メートルの野外彫刻作品「南瓜(かぼちゃ)」は、八木沢地区のカボチャ畑に野外展示。作品の中に入ることもできる。「作品には大きな穴が開いているので、中に入って同村の棚田や山並みを眺めることもできる。近くで作品の大きさを体験してもらえれば」と同イベント担当者。

 会期中、同村に伝わる伝統芸能や現代舞踏、野外コンサートなどを多彩に繰り広げるほか、旧沖田面小学校・八木沢分校に同村の特産品を食材に活用した特設カフェも開く。

 8月25日には、同村に伝わる伝統芸能「八木沢番楽」がテーマのシンポジウムや、同集落の棚田舞台を舞台にした舞踏イベントなども開催予定。

  • はてなブックマークに追加