秋田で「商店街スゴロク」-まちをすごろく盤に見立てゲーム感覚で回遊

「商店街スゴロク」のルール説明を受ける参加者(前回)

「商店街スゴロク」のルール説明を受ける参加者(前回)

  •  
  •  

 地元商店街の活性化を目的にしたイベント「商店街スゴロク」が7月24日、秋田市大町・通町地区で開催される。

「商店街スゴロク」盤。印刷された盤の指示にしたがい商店を回る

 「商店街をすごろく盤に見立て、サイコロを振りながら店舗を回ったら地元のにぎわい創出に貢献できるのでは」と、チャリティーイベントなどに取り組む「わらしべ貯金箱実行委員会」代表の武内伸文さんが考案した。

[広告]

 4月24日、大町・通町地区で初めて開催したところ、約100人の市民が参加し、地元商店にも好評だったことを受けて2回目の開催が決まった。

 参加費500円で600円相当の同イベント用買い物券を受け取った参加者は、「サンパティオ大町」(大町1)をスタート。サイコロの目に従いながら止まった商店で、「(コーヒーショップで)試飲して豆の種類を当てる」「(貴金属店で)指のサイズを測る」「(印鑑店で)自分の名前の印鑑を探す」などのユニークな指示をクリアしながら、同地区の商店約70店舗を回る。

 制限時間内にゴールした参加者は、折り畳み自転車などが景品の抽選会に参加できる特典も用意する。

 開催時間は11時~15時(受け付けは10時30分~)。先着300人。

 問い合わせは同実行委員会の武内さん(TEL 090-2363-0398)まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ