「超神ネイガー」マスク、コンビニ景品に-海老名保さんが手づくり

ローソンのポイントカード「Ponta」向け景品を作った「超神ネイガー」主宰の海老名保さん

ローソンのポイントカード「Ponta」向け景品を作った「超神ネイガー」主宰の海老名保さん

  •  

 秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」のマスクが現在、コンビニエンスストアのポイント景品になっている。

 「ネイガーマスク」を景品にしているのは、ローソンや提携店での買い物でたまったポイント(100円ごとに1ポイント)に応じて懸賞への参加などの特典が付くポイントカード「Ponta」。

[広告]

 同ポイントシステム懸賞コース向け景品のマスクは、実物のネイガーマスクも手掛ける「超神ネイガー」主宰の海老名保さんが手づくりしたもの。フィギュアや携帯ストラップなど数十種類あるネイガーグッズの中でも、海老名さん自身が手作業で製作したものが景品になるのは初めて。同懸賞のご当地グッズの中でも、同マスクに寄せられた「応募数354通は最多」(同社担当者)だという。

 実物の10分の9スケールで5個製作したマスクは「オブジェのため、かぶることはできない仕様」だが、「本物のマスクと同じ工程で製作した。わたし自身の手で魂を込めたもの」(海老名さん)。「どなたの手に渡るかわからないが、喜んでもらえればうれしい」とも。

 同ポイントシステム・40ポイントで懸賞に応募できる。締め切りは5月31日。