秋田米でナイスボディーに-東京湾PAで「ライスボディ」発売へ

「シブヤ米」をペットボトルにパッケージした新商品「ライスボディ」

「シブヤ米」をペットボトルにパッケージした新商品「ライスボディ」

  •  
  •  

 秋田県大潟村で今秋収穫された「シブヤ米」をペットボトルにパッケージした新商品「ライスボディ」が11月20日、東京湾上のパーキングエリア「海ほたる」(千葉県木更津市)で発売される。

ユニークな形状のペットボトル入り秋田米「ライスボディ」

 元ギャル社長の藤田志穂さんが呼び掛け人となり、若い女性が秋田県大潟村で稲作など農業に取り組むプロジェクト「ノギャル」。「お米を食べてナイスボディーに」と名付けられた新商品「ライスボディ」は今秋、同村で収穫した「あきたこまち」を女性のボディーラインを模ったペットボトルにパッケージするなど趣向もユニーク。

[広告]

 担当者は「ペットボトルの機能はお米を保存する容器としても大変優れていることから、今後、米袋の新しい形になるとも言われている」としている。

 内容量は285グラム入りで、価格は588円。

 海ほたるでは同日14時から4階売り場で販売する。