食べる

秋田で「東北地ビールフェス」始まる 県内5醸造所含む11社が出品

あいにくの雨天で始まった「東北地ビールフェスティバル in 秋田」会場

あいにくの雨天で始まった「東北地ビールフェスティバル in 秋田」会場

  • 84

  •  

 「東北地ビールフェスティバル in 秋田」が6月2日、4年ぶりにエリアなかいち・にぎわい広場(秋田市中通1)で始まった。

秋田市の初出店の醸造所も並ぶ地ビールフェスティバル会場

[広告]

 東北で営業するクラフトビール醸造所などで作るグループが、2004(平成16)年から毎年開くイベント。2020年からはコロナ禍により開催を見送ってきたが、「秋田あくらビール」(秋田市大町1)、「ホップドッグブルーイング」(南通みその町)、「田沢湖 湖畔の杜ビール」(仙北市)、田沢湖ビール(同)、羽後麦酒(羽後町)の県内5醸造所を含む東北4県と北海道の11社が参加する。

 合わせて50銘柄以上の地ビール(600円~900円前後)や飲み比べセット(1,200円前後)に加え、秋田県産ソーセージ(700円)やスペアリブ(1,000円)、遠野ジンギスカン串(600円)、石巻金華沖サバ焼き(500円)など各醸造所が用意したご当地グルメを提供する。

 あいにくの雨天に見舞われた開催初日だが、16時の開場を待ちわびた市民が続々と来場。30分ほどで60人以上の市民がビールを買い求めて、大型テント4基に計280席ほど設けた会場で4年ぶりのイベントを楽しんだ。

 「お目当ての地ビールもあった。屋外でビールを飲むのは久しぶり。雨でも楽しい」と2人連れの女性。

 開催時間は、2日=16時~21時、3日=11時~20時、4日=11時~17時。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース