見る・遊ぶ

秋田の商店を回るクイズスタンプラリー BB秋田とアプリ運営社が共同で

サッカーJ2「ブラウブリッツ秋田」のマスコットキャラと秋田市内の商店街などを回るクイズスタンプラリーのアプリ画面

サッカーJ2「ブラウブリッツ秋田」のマスコットキャラと秋田市内の商店街などを回るクイズスタンプラリーのアプリ画面

  • 35

  •  

 スマートフォンの位置情報アプリを使うクイズ形式のスタンプラリーが、現在、秋田市内で行われている。秋田経済新聞などが後援。

JR秋田駅前で開かれた特別イベントに来場した市民

[広告]

 市民の健康意識の向上や地元商店街の活性化などを目的に、サッカーJ2「ブラウブリッツ秋田」(秋田市山王3)とアプリ「ビットにゃんたーず」を運営する都内の会社が共同で行うイベントは、11月下旬にかけて開かれたイベントに続き2回目。

 同アプリ地図上に設けられた、秋田市通町と大町の両商店街振興組合、仲小路振興会、川反外町振興会、山王賑(にぎ)わい創出振興会、旭川地区商店会、秋田県美容生活衛生同業組合(旭北栄町)の店舗など約720カ所のチェックポイントを回りながら、同サッカーチーム関するクイズに挑戦したり、商店のクーポンを獲得したりすることで、アプリ内でサッカー選手のコレクションを集める。コレクションの収集結果や歩いた歩数などにより、同チームの関連グッズなどを進呈する。

 12月17日、JR秋田駅前で開かれた特別イベントには、サッカーファンら約70人の市民が参加。同アプリを運営するリアルワールドゲームス(本社・東京都千代田区)事業開発室の岡崎渡睦(とむ)さんは「アプリを使いながら楽しめるウオーキングイベント。秋田は降雪の季節だが、家の中で歩いた歩数も賞品抽選の確率アップにつながる。皆さんに参加いただければ」と呼びかける。

 アイフォーン版とアンドロイド版を用意し、アプリストアでダウンロードできる。利用無料。イベントは来年1月15日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース