食べる

秋田空港で「わっぱめし」が復活 外食会社がレシピや容器を引き継ぎ

秋田の郷土料理店「稲庭本舗明治佐助商店」が「杉のや」から引き継いだ「わっぱめし」

秋田の郷土料理店「稲庭本舗明治佐助商店」が「杉のや」から引き継いだ「わっぱめし」

  • 4

  •  

 秋田市民や観光客に長く親しまれた料理「わっぱめし」が10月26日、秋田空港(秋田市雄和)2階に開業した飲食店で復活した。

秋田空港内にオープンした「稲庭本舗明治佐助商店」店内

[広告]

 1977(昭和52)年にJR秋田駅前で創業し、空港開港時から40年にわたり空港内飲食フロアでも営業した郷土料理店「杉のや」の名物料理「わっぱめし」。

 同店を営業する会社が3月に廃業したことから、同フロアでレストランを運営する外食会社ドリームリンク(山王2)が居ぬきで引き継いだ。新店名は「稲庭本舗明治佐助商店」。

 旧店が使っていた秋田杉の伝統工芸「曲げわっぱ」製の容器やレシピなども引き継ぎ、山菜の炊き込みご飯とタイやエビ、カニなどを乗せて蒸した「わっぱめし」6種類(1,650円~1,760円)を復活させた。

 稲庭うどんや羽後町のそば店から暖簾を受け継いだ「弥助そば」(以上、935円~1,540円)、きりたんぽ鍋などの郷土料理(495円~1,430円)、県内34軒の酒蔵の地酒(440円~1,540円)もそろえる。

 「わっぱめしは、秋田の歴史を食べていただくようなもの。当店が引き続き提供できることは光栄」と須田紘喜店長。

 最上明彦副社長は「私たちが誇る郷土料理を通して、空港を利用する皆さんから『秋田に来て良かった』と思ってもらえるような店づくりができれば」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時~19時30分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース