暮らす・働く

秋田県民対象に「漁業スクール」 男鹿とにかほの漁港で

秋田沖で開かれる漁業の様子

秋田沖で開かれる漁業の様子

  • 6

  •  

 秋田県漁業協同組合船川支所(男鹿市)は現在、漁師を目指す県民向け研修会の参加者を募集している。

秋田沖で行われる一本釣り漁の様子

 2016(平成28)年から毎年、同漁業協同組合と秋田県が、漁業就業人口の確保などを目的に「あきた漁業スクール」と銘打ち開く漁業研修会。

[広告]

 今年は、新型コロナウイルスの影響から募集対象を県内在住者に限り、一本釣りや定置網漁などの技術や魚の扱い方など、漁業に必要な技能を2週間にわたり研修する。研修地は「男鹿市」と「にかほ市」から選ぶことができる。

 「人生を変える貴重な体験を通じ、地元で漁業に就業してもらえれば」と担当者。

 開催期間は8月25日~9月7日。定員は研修地ごとに5人。高校生以下の参加はできない。期間中の宿泊費や食事代などは主催者が負担する。

 応募締め切りは7月31日。問い合わせは、同支所(TEL 0185-23-2281)まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home