見る・遊ぶ

秋田駅前を「アート」で埋め尽くす 県内外アーティスト50人の作品一堂に

実行委員長を務める佐々木きららさん(写真中央)とアートイベントの開催準備を進める「AKITA ART ACTION 2019」実行委員会メンバー

実行委員長を務める佐々木きららさん(写真中央)とアートイベントの開催準備を進める「AKITA ART ACTION 2019」実行委員会メンバー

  •  
  •  

 さまざまなジャンルのアートを屋外広場などで展開する「AKITA ART ACTION 2019」が9月15日・16日、JR秋田駅前で開かれる。

「AKITA ART ACTION 2019」ポスター

 高校時代、大分県で開かれるアートイベントに作品を出展した経験を持つ秋田公立美術大学1年の佐々木きららさんが「秋田でもアートをもっと身近に感じられるイベントを」と、玉川大学1年の松嶋駿さんら10人ほどのメンバーでつくる実行委員会を立ち上げ、秋田県芸術文化振興基金助成事業として初めて企画した。

[広告]

 駅周辺の屋外スペースや駅連絡通路などを会場に、絵画や彫刻などの美術作品の展示ほか、ダンスや身体パフォーマンスなど、さまざまな芸術分野で創作活動に取り組む県内外のアーティスト約50人が参加して開く。佐々木さんが籍を置くアート団体「みんな表現者」の協力を得て、5メートルのキャンバスに描くライブペインティングなども披露する。

 「高校時代から創作に対する一般の理解が低いことを残念に感じてきた」と話す佐々木さん。「芸術分野への関心を高めるための起爆剤にしたいとの思いで、多くの皆さんの協力を得ながら、オープンスペースを会場に準備を進めている。アートで埋め尽くす会場全体の空気を皆さんに感じてもらえれば」と意欲を見せる。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加