食べる

秋田・潟上の道の駅で「サメイジングバーガー」 サメ食文化の再興願い

潟上市の道の駅で販売するサメのフライをサンドした「サメイジングバーガー」

潟上市の道の駅で販売するサメのフライをサンドした「サメイジングバーガー」

  •  

 「天王グリーンランド・道の駅てんのう」(潟上市)に4月24日、イートインスペース併設の鮮魚店「カネマル水産」がオープンした。

イートインスペース併設の鮮魚店「カネマル水産」店内

 地魚の切り身などを扱う同店。約15坪の店内に16席ほどのイートインスペースを併設し、「刺し身定食」や「焼き魚定食」(以上、1,000円前後)、「海鮮丼」(1,300円前後)などを提供する。

[広告]

 中でもユニークなのは、「サメ」と「驚くような」などの意味を持つ英語「アメージング」から名付けた「サメイジングバーガー」(500円)。

 漁港が近い同エリアで廃れつつある「サメ食文化」再興への願いをメニュー名に込め、「アブラツノザメ」の切り身のフライをタルタルソースで仕上げた。

 「手軽に食べられるバーガーなら、サメのおいしさを伝えやすいのでは」と同店で厨房を担当する伊藤徳洋さん。「ボリュームもあり、食べ歩きもできる。サメ肉はコラーゲン豊富なので女性にもおすすめ」とも。

 営業時間は9時~18時(イートインは11時~14時30分)。