暮らす・働く

秋田のまちなか広場で冬季イベント-10メートルの「氷の滑り台」も

エリアなかいち・にぎわい広場(秋田市)に設けられた「氷の大滑り台」

エリアなかいち・にぎわい広場(秋田市)に設けられた「氷の大滑り台」

  •  

 秋田市中心市街地のイベント広場「エリアなかいち・にぎわい広場」(秋田市中通1)で現在、冬季イベント「なかいちウインターパーク」が開かれている。

来場者の記念撮影に応えた「フンボルトペンギン」

 滑走面を氷で覆った全長約10メートル、高さ約2メートルの子ども向け「氷の大滑り台」を設けたほか、秋田市大森山動物園(浜田)から集めた動物と触れ合うことができる「冬の移動動物園」などを開く。広場に隣接する「にぎわい交流館AU」にエアドームなどの遊具も設ける。

[広告]

 12月25日に初めて開かれた動物との触れ合いコーナーでは、トナカイやペンギン、フクロウなどがお目見え。来場した家族連れら市民は、動物との触れ合いや滑り台を楽しんだ。

 滑り台は土曜・日曜・祝日と正月期間に利用できる。利用時間は10時~14時。移動動物園は来年1月31日と2月1日にも開く。開催時間は13時~15時。いずれも無料。問い合わせは「にぎわい交流館AU」(TEL 018-853-1133)まで。