秋田のミュージシャン「ケースケ&マサ」、人気に

秋田を拠点に活動するミュージシャン「ケースケ&マサ」の佐藤正昂さん

秋田を拠点に活動するミュージシャン「ケースケ&マサ」の佐藤正昂さん

  • 0

  •  

 秋田県内のライブ会場などで活動するにかほ市在住のミュージシャン・佐藤正昂さんと佐々木恵介さんが現在、注目を集めている。

秋田を拠点に活動するミュージシャン「ケースケ&マサ」

[広告]

 2007年から「ケースケ&マサ」のグループ名で音楽活動に取り組む2人は、元高校の同級生。主に佐々木さんが楽曲を制作、佐藤さんがメーンボーカルを担当し、夢や恋愛がテーマのオリジナル曲を中心にアコースティックギターで演奏するほか、地域事業向けのテーマソングなども提供する。

 佐藤さんは10月、「地元の魅力を発信する機会にできれば」と名曲を方言にアレンジして歌う全国放送のテレビ番組に秋田代表として出場、松山千春さんのヒット曲「大空と大地の中で」を秋田弁で歌ったところ、郷土愛と歌唱力が評価され、見事優勝を果たした。

 「方言で歌うというよりも、普段使う言葉のままで本当に訛(なま)っている(笑)」と佐藤さん。身内に不幸があって気持ちが沈んでいたという女性から佐藤さんの歌で励まされたという感想が寄せられるなど、番組を見た視聴者からツイッターなどを通じて多くの応援も寄せられるようになった。

 その後、イベントなどの出演オファーも増え、現在、毎週のようにライブ演奏をこなす佐藤さんと佐々木さん。今月、自主制作CD「逢いたい逢えない」もリリースした。「番組への出演は私たちや地元のことを知ってもらういい機会だったが、これからは楽曲や演奏のクオリティーを上げながらオリジナル曲でも評価されるよう頑張りたい。ライブ会場にも足を運んでもらえれば」と話す。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース