暮らす・働く

秋田・中通の「たまご遊園地」で町内夏祭り、多くの家族連れでにぎわう

「たまご遊園地」の愛称で親しまれる秋田市中通三丁目街区公園で開かれた夏祭り

「たまご遊園地」の愛称で親しまれる秋田市中通三丁目街区公園で開かれた夏祭り

  • 0

  •  

 卵型遊具があることから「たまご遊園地」の愛称で親しまれる秋田市中通三丁目街区公園で8月17日、「たまご遊園地夏祭り」が開かれ、町内外から訪れた多くの家族連れなどでにぎわった。

「たまご遊園地夏祭り」会場の様子

 町民向けのイベントを運営する組織が同エリアになかったため、これまで町内の夏祭りが行われてこなかったことから、近隣に店舗や事務所を構えるデザイン会社や広告代理店、自転車店などの経営者や会社員ら30代の若者を中心に15人が実行委員会を結成、初めて企画した。

[広告]

 「昔ながらの町内会の夏祭り」をイメージし、公園の中央に櫓(やぐら)を組んで開く盆踊りやカラオケ大会、飲食や金魚すくいなど縁日のような屋台も実行委員が自ら出店。卵の殻を手作りろうそくの素材にしたワークショップを開いたり、日没後に卵型遊具のライトアップを行ったりするなど、同公園の特徴を生かした趣向も盛り込んだ。

 「久しぶりに盆踊りを踊った。家族サービスにもなった」と親子3人で訪れた男性。自転車店を経営する実行委員長の佐々木泰作さんは「地域住民の皆さんはもちろん、町外から来場いただいた皆さんにも楽しんでいただくことができた。子どもらの楽しそうな笑顔を見られたことがうれしい。また開くことができれば」とイベントを振り返った。