ホテルメトロポリタン秋田、新装開業へ-客室に秋田の郷土色盛り込む

秋田の郷土色を取り入れながら洗練された雰囲気に仕上げたというツインルーム(イメージ)

秋田の郷土色を取り入れながら洗練された雰囲気に仕上げたというツインルーム(イメージ)

  •  

 改装工事のため1月から休業していたJR秋田駅前の「ホテルメトロポリタン秋田」(秋田市中通7、TEL 018-831-2225)が3月26日、リニューアルオープンする。

ホテル内に新設する会員制「大人の休日倶楽部ラウンジ」

 1986(昭和61)年7月の開業以来初めてとなる本格的な改装工事は、2011年の開業25周年を前に「秋田を代表してお客さまに最高のおもてなしができるホテルになること」をスローガンとする社内プロジェクト「BRIDGE TO THE FUTURE」の一環。

[広告]

 今年開業を予定する東北新幹線「八戸・新青森間」による北東北観光需要を見込み、ツインルームをこれまでの49室から56室に増室し、ブライダル利用客向けに水周りの設備を充実させたスイートルームや会員限定ラウンジも新設。館内レストラン「秋田の旬と野菜の美味しいレストラン・クォーレ」やバー「メインバー・スターズII」も一新した。

 同ホテル担当者は「客室デザインは、秋田の郷土色を取り入れながら洗練された雰囲気に仕上げた。会員専用のラウンジや野菜をコンセプトにした新しいレストランもオープンする」とし、「設備を充実させたハード面だけでなく、サービス面にも注目いただきたい。地域ナンバーワンを目指して生まれ変わった当ホテルでおくつろぎいただければ」と話す。

 リニューアルを記念して3月26日~6月30日、特別料金プランを用意する。

 詳細はホームページで確認できる。