東北のプラモデル愛好家が「合同展」-2.5メートルの大作ジオラマも

精巧に作られた模型300~400点を展示する「東北サークル合同・模型展示会」(写真は前回)

精巧に作られた模型300~400点を展示する「東北サークル合同・模型展示会」(写真は前回)

  • 0

  •  

 秋田のプラモデル愛好団体「秋田ビルドアップの会」は9月20日・21日、「東北サークル合同・模型展示会」を秋田ニューシティ(秋田市大町2)で開催する。

前回の「東北サークル合同・模型展示会」の様子(関連画像)

[広告]

 同会が青森・岩手・仙台など隣県の愛好会などに呼びかけて2年に1度秋田で開く同展示会は、今回で6回目。地元や隣県のプラモデルファンら約40人が、「飛行機」「戦艦」「鉄道車両」「自動車」など定番プラモデルのほか、「機動戦士ガンダム」などキャラクターもの、鉄道模型をベースに全長約2.5メートルのジオラマ作品など計300~400点の力作の出品を予定する。

 同会の越前谷さんは「今回は初めて出品する新人が10人いるほか、横浜や大阪からの参加予定もある。箱庭的な世界を構築するジオラマ作品も20点以上出品するので、模型を作る人だけでなく、一般の皆さんにも楽しんでいただけると思う」と来場を呼び掛ける。

 展示時間は10時~19時(21日は16時まで)。入場無料。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース