見る・遊ぶ 買う

秋田・新屋で手作り品販売と散策のイベント サクラの開花に合わせ今年も

秋田市新屋表町通りで開かれる散策と手作り品の販売イベント「ものまちさんぽ~」

秋田市新屋表町通りで開かれる散策と手作り品の販売イベント「ものまちさんぽ~」

  • 8

  •  

 秋田市新屋エリアの散策と工芸品や手作り雑貨類の販売イベント「ものまちさんぽ~2022春」が4月16日・17日、表町通り周辺で開かれる。

「ものまちさんぽ~」会場の一つ秋田市新屋表町の渡邉幸四郎邸

[広告]

 羽州浜街道沿いの町として栄え、昭和期以前の風情を今に残す同地区の魅力を伝えることなどを目的に、地元NPOや市民らが2012(平成24)年から、サクラの開花時期に合わせて開く。

 今年は、表町通り周辺にある11カ所の軒先や店舗で、陶芸や金工、木工、ガラス、手芸など、さまざまな分野の作家ら約30組が作品を出品販売するほか、ワークショップなどを予定する。ピザやローストチキン、菓子類なども販売する。

 同実行委員会代表の後藤仁さんは「古い街の景色が残る界隈の散歩と合わせて、さまざまな分野の作家の作品を楽しんでもらいたい。遠くへは出かけにくい時世、地元のサクラと合わせて楽しんでもらえれば」と来場を呼びかける。

 開催時間は10時~16時。

 現在、秋田公立美術大学附属高等学院(新屋大川町)の生徒らが中心となって行う同エリアの清掃活動の参加者を募集する。開催時間は、4月9日9時50分~11時45分。同日、秋田市新屋ガラス工房(新屋表町)で受け付ける。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース