秋田の地図になまはげの面-「ハーレーダビッドソン」ご当地アクセ、人気に

「秋田」の文字と「なまはげ」の面が刻まれた秋田限定ハーレーダビッドソン社公認チャーム

「秋田」の文字と「なまはげ」の面が刻まれた秋田限定ハーレーダビッドソン社公認チャーム

  •  
  •  

 ハーレーダビッドソン専門店「ハーレーダビッドソン秋田」(秋田市新屋豊町、TEL 018-883-1853)が4月下旬に発売した秋田県地図の形をしたオリジナルチャームが、ハーレーファンの間で人気アイテムとなっている。

 チャームは、時計やブレスレットなどの装飾品の鎖部分に付ける小さな飾りで、欧米では魔除けやお守りとして身につけるアクセサリーのひとつ。米国ではハーレー社公認のご当地チャームの製作が盛んで、州の形やサボテンなどをモチーフにしたものが数多くあり、日本でも全国約150店舗のハーレーダビットソン正規取扱店では、都道府県ごとに公認チャームを作る動きがある。国内ではこれまで約30種類が製作されたが、「東北のオリジナルチャームは初めて」(同店・鎌田店長)だという。

[広告]

 県外や海外から来店するハーレーファンも多い同店では、来客に「ショップ・オリジナルチャームがないかと聞かれることも多い」ことから、鎌田さんが「それならば秋田の記念に」と秋田県地図の形の表面に漢字で「秋田」の文字とハーレー社のロゴマーク、裏面に「なまはげ」をデザインしたチャームを製作した。

 鎌田さんは「漢字のデザインは特に外国人に評判が良い。ブランド自体が独特の世界を持っているハーレーは、オートバイだけではなく、周辺アクセサリーなどにも魅力的なデザインが多い。チャームは若い女性にも人気があるので、オートバイに乗らない人もハーレーの魅力を知ってもらえればうれしい」と話している。

 素材は銀で、大きさは約1.5センチ、重さは約3グラム。価格は3,780円。製造個数は200個。

ハーレーダビッドソン秋田秋田のハーレーダビッドソン・クラブ、今年初のツーリングに30人(秋田経済新聞)鎌倉・七里ヶ浜にサーフィンとハーレーダビッドソンのコラボ店(湘南経済新聞)パシフィコでカスタムハーレーの祭典-純正カスタム車100台(ヨコハマ経済新聞)「団塊ボーイズです!」でコラボ特典-天神・博多4店舗参加(天神経済新聞)

  • はてなブックマークに追加