買う

秋田の浴衣作家が展示販売会 「女の子は無敵」コンセプトに

「女の子は、絶対無敵」をコンセプトにオリジナル浴衣を展開する沼倉弥生さん

「女の子は、絶対無敵」をコンセプトにオリジナル浴衣を展開する沼倉弥生さん

  • 18

  •  

 大仙市在住の浴衣作家・沼倉弥生さんが制作する浴衣の特集販売会が6月26日、セレクト雑貨店「blank+(ブランクプラス)」(秋田市楢山本町、TEL 018-811-0171)で始まった。

立体的に仕立てた後ろ襟のデザインなどが特長の浴衣

 伝統的な染色技法「注染(ちゅうせん)」で作る生地の浴衣と博多織帯のブランド「弥生屋」を、2019年から展開する沼倉さん。

[広告]

 「女の子は、絶対無敵」をコンセプトに、「ラブレター」のイラストを全体に散りばめ、後ろ襟を立体的に仕立てたオリジナル浴衣(5万1,150円~)や博多織半幅帯(2万6,180円~)など約20点を展示販売する。

 「表面に凹凸のある綿ちりめんで作る浴衣は、肌に触れる面積が抑えられることから、涼しく着られる。女性を応援したい気持ちでデザインした。着こなす皆さんに輝いていただければ」と沼倉さん。

 同店店主の三浦美緒理さんが、浴衣に合わせて選んだガラスや陶器のアクセサリー、履物なども販売する。

 営業時間は11時~19時。6月30日まで。

ピックアップ

Stay at Home