見る・遊ぶ 学ぶ・知る

秋田の自然公園がストリートビューに対応 県内美化団体など協力

秋田市太平山山頂(Googleストリートビュー)

秋田市太平山山頂(Googleストリートビュー)

  •  
  •  

 米グーグル社が提供する「ストリートビュー」が1月、秋田県内自然公園の閲覧に対応した。

秋田県内の自然公園で「ストリートビュー」の撮影に協力した皆さん

 まちなかを360度のパノラマ写真で閲覧することができるマップ機能「ストリートビュー」。まちなかは専用車両などで撮影するが、登山道や自然歩道など車両が侵入できないエリアであることから、県内の美化団体などが撮影に協力。9月中旬から下旬にかけて撮影用機材「トレッカー」を担いで歩きながら撮影した。公開された県内の自然公園などは以下の通り。

[広告]

 太平山旭又登山道・丸舞登山道(秋田市)、真山神社~奥宮(男鹿市)、中島台レクリエーションの森(にかほ市)、獅子ケ鼻湿原(同)、鳥海山矢島登山道・竜ケ原湿原、抱返り渓谷~回顧の滝(仙北市)、秋田駒ヶ岳八合目~男女岳(同)、小安峡(湯沢市)、川原毛地獄(同)、栗駒野鳥の森(東成瀬村)、イワカガミ湿原(同)。

 県自然保護課の担当者は「パソコンやスマホでご覧いただいた後、現地に足を運んで実際の自然にも触れるきっかけにしていただければ」と話す。

 今後、秋田県北を中心に10カ所ほど対応エリアを増やす予定。

  • はてなブックマークに追加